家庭菜園

【家庭菜園】支柱の立て方解説します【6種類】

よし兄
よし兄
最家庭菜園の規模にもよりますが地植えだけでなくプランターにも応用がきく支柱の立て方がありますので紹介していきたいと思います!

支柱いろいろ

支柱のタイプは色々あって長さや太さも様々です。

  1. 背の高くなるものは太く丈夫なものを選ぶ
    安価な商品の中には強度が弱くイボが浅い商品が多為、固縛しづらい。イボ竹タイプがお勧め。
  2. 支柱は倒れないように深く差し込む
    30cmほど挿しこむので余裕をもった長さを購入しよう。その際根を傷めないように気を付けてください。
  3. 長さが足りない場合は2本連結が必要になる事も
    支柱が交差する場合はぐるぐる巻きにするだけでは不十分なので縦横で縛る事!

支柱の立て方6種類

■解かりやすく図にしました。茶色の部分は畝(うね)です。

やぐら型のみを2列使って立ててありますのでご注意くださいね!

支柱の立て方 解説
直立型 ★背が高くなる野菜向け

■支柱本数が8、9本
両サイドに2本(計4本)と横方向に1~2本で補強してあります。

●支柱ごとにトマト
●ネットを張ってキュウリ・ゴーヤー・インゲンなど

直立型2 ★背が高くなる野菜向け

■支柱本数が5本
斜め補強をする方が良い

●支柱ごとにトマト
●ネットを張ってキュウリ・ゴーヤー・インゲンなど

合掌型

★構造はシンプルだが頑丈

■支柱本数が7、8本

●支柱ごとにトマト
●ネットを張ってキュウリ・ゴーヤー・インゲン・小玉スイカ・ミニカボチャなど

やぐら型 直立型2が平行に設置してありやぐら型の方が丈夫。畝(うね)ごとに違う野菜も育てられ、上の補強支柱から紐で吊り誘引などが出来る。

■支柱本数が13本

ナス・ピーマン・ししとう
●天井にネットを張り、棚として使える。前後2面以外に全てネットを張るとつるものにも対応。

 

アーチ形(トンネル) ★トンネル支柱を上部に設置する方法。様々な野菜に対応。

■支柱本数が8~10+3(アーチ部)本

●ネットを張ればゴーヤー・キュウリ・カボチャなど
●アーチ部に雨除けのビニールを張ればトマトに適します。

V字型 ★主茎を2方向に振り分けて育てる場合の立て方。支柱の挿し方はクロスか、プラントの両サイドに挿してV型にする

■支柱本数が6本とマイカ線など

ナスなどの栽培で良く観られます。横方向に誘引用の紐(マイカ線など)を張り仕立てをする事が多いです。

まとめ

ポイントとしては

  1. しっかりと挿す…30cm以上
  2. しっかりと紐でくくる…ビニールひもか麻ひもで縦と横に縛る
  3. 補強をしっかりと入れる
  4. 支柱の強度は値段なり…適材適所で買いましょう
  5. 支柱のピッチは植える野菜で決めてから必要本数を購入しよう
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です