家庭菜園

【家庭菜園】熱中症対策は万全ですか?治るまで時間がかかり症状も様々ですよ!

熱中症になったことありますか?

■これからは家庭菜園で日差しの強い中での作業も増えてくると思います。すると気づかない内に忍び寄る熱中症。。。

僕自身が熱中症の症状というものに理解が無かったので体調が崩れてから調べました。気づくのが遅いという始末です。なのでネット上にあった該当する症状・それ以外の身体に起こった症状などについて書いておこうと思います。

え?そんな短時間で熱中症になるの?そんなに長引くの?と感じるかもしれません。これくらいなら大丈夫だろうと無理をすると簡単に熱中症になるので読んでみてくださいね!

熱中症になった時の状況

過去に軽い熱中症を2回経験しているので、まずその状況を説明します。

真夏に車の洗車をしていました。ダラダラ作業すると暑いので20分程度の短い時間ですが身体に熱がこもる程一気に身体を動かして作業を終わらせました。その後は片付けをし、クーラーのきいた涼しい部屋で過ごしていました。

  • 準備に10分
  • 作業に20分
  • 片付けに10分

トータル40分程屋外にいました。

■続いても屋外での作業です。まだそれほど暑くない5月の外気温でしたが日光を浴びながら庭の木を引っこ抜く作業をしていました。コロナ禍の時期だったので体温を下げると怖いなと思い『少し暑いけどいいや』と汗を流しながら長袖のまま庭作業をしていました。

  • 剣スコを使っての穴掘り作業30分
  • 雨水タンクの設置作業30分
  • 片付け10分

トータル1時間程

【DIY】雨水タンクを設置しました【節約・エコロジー】家庭菜園やっているとお日様は無料ですが水は有料なんです。手間をかけて美味しくても買ってきた方が安いなんて事になってしまっては喜びも半減してしまいます。なので初期投資をして雨水タンクを設置してどれほどの効果があるのかお試しをしています。太陽も雨も恋しいという困った状態になってしまいました(笑)...

症状

■症状・後遺症の出方に違いがあったのでそれぞれ症状を記しておきます

洗車の時
  • とにかくだるい
  • 汗が出ない、もしくはどっと出る
  • 軽い吐き気
  • 眠い
  • 筋肉痛
  • 1ヶ月程本調子には戻らなかった

隠れ脱水・隠れ熱中症の症状に似ていて夏バテという感じでしょうか。

庭仕事の時

■庭仕事を終えてから汗を大量にかいていたので作業後に十分な水分をとり、食欲もあったので晩飯も普通に食べ、その日は何事もなく就寝しました。久しぶりに汗を流せて気持ち良いくらいだったのですが次の日から体調が崩れます

  • 翌日:体温が低く寒い(35度台:風呂で裸になると震えが酷く止まらない)
  • 翌日の夜:体温が高い(39度台:突然の高熱で一瞬コロナを疑う)
  • 暫く高熱が続く(風邪薬を飲むが効かない)
  • 頭が痛い
  • 血圧が上がると首筋から後頭部に激痛が走る
  • 筋肉痛
  • 眼の疲れ・眼底が痛い
  • 1ヶ月程本調子には戻らなかった

■自律神経がおかしくなったのか症状は酷いものでした。このように症状の出るタイミングや症状の違いがあり、気づくのが遅い時があります。適切に処置していても遅れて症状が出てくる時があるので油断はできません。

体調が悪くなると風邪ひいたかな?と安易に考えてしまうので注意が必要ですね。

■noteにまとめてある記事があったので該当する症状がないか読んでみてはいかがでしょうか?

対処方法

■対処方法に関しては僕は専門家では無いので書きませんが、このようなサイトがあります。今年はコロナで外にも出ず運動不足で部屋の中にいることが多いでしょうし、健康的に過ごす事が難しくなっているので一読しておくことをお勧めします

■最近だと首元に濡らしたタオルとモバイル扇風機で冷やす方法などがありますね。気化熱が一番安上がりで確実だなと思います。もちろん塩分と水分の補給、こまめな休憩などがありきです。

熱中症を経験して

■熱中症の怖さを知ったので健康的な食事などに気を付ける様になりました。僕の場合は後頭部の激痛が続くので血管や血流を意識するようになりました。出来るだけ血管を柔らかい状態に、そして血圧を下げる食事というものが大事だと思います。

■体調が悪い間は食欲もイマイチだったので、栄養ドリンクをスポーツドリンクで割って飲んだりしていました。もしくはクエン酸飲料です。毎日飲むようになると割高なので食品添加物用のクエン酸で作るようにもしています。

熱中症は水分補給したら次の日にはケロっと直ってると思い込んでいたのが大間違いでした。

まとめ

  • 身体に熱がこもるような急激な運動や力仕事は危険
  • 食生活で基礎体力を上げる
  • 水分・塩分・睡眠・食事に気を付ける
  • Webサイト『熱中症ゼロへ』に目を通しておく!

疲れが取れないのも、頭痛も、食欲不振も熱中症の後遺症かもしれませんよ!

工夫をして夏を乗り切りましょう。ではまた!

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です